よくある質問

Ranpai tiri untuk Natori(名取に踊りの花束を)

わたしたち「Duta Melati」は2012年、東日本大震災の被災地となった福島県郡山市の小学校で子どもたちとの交流を深めたのに続き、7月には東京・国分寺市で震災支援チャリティーを開催、来場者のみなさまの入場料などから復興を支援する義援金23万円(バザー売上金を含む)余りをお預かりすることができました。

そして10カ月あまりの時間をかけ、みなさまの善意をお届けする受け皿を探してきましたが、スマトラ沖地震が象徴するように同じ被災国・インドネシアからの思いは福島県、岩手県へとリレーされ、今般、津波による甚大な被害を受けた宮城県名取市を訪問することが決まりました。

仙台空港がある名取市は、太平洋に面する人口約7・3万人の都市。地震は市内の全中学校で卒業式が開かれている最中に起き、「高さは観測不能。到達時刻も特定不能」(名取市役所)という津波に襲われ、死者911人・行方不明者41人、半壊以上の建物5,000棟以上という甚大な被害を受けました。

復興への道はなお厳しいものがありますが、私たちは地元のみなさまのご協力を得て来る6月22、23日に当地を訪れ、津波で根こそぎ海に流され、そして今年5月、2年2ヶ月ぶりに再開した「ゆりあげ港朝市」でインドネシア舞踊を披露。また、子どもたちに伝統楽器のアンクルンを贈り、仮設住宅では今なお不自由な生活を送る方々と膝をつき合わせ、インドネシア料理を楽しんで頂く機会を得ました。

活動の詳細はまたご報告しますが、今回の訪問を東北支援の「第三弾」と位置づけ、わたしたち「Duta Melati」はこれからも微力を尽くして参りたいと考えており、今後ともみなさまのご理解とご協力を頂ければ幸いです。


津波で甚大な被害を受けた宮城県の沿岸部

インドネシア舞踊

インドネシアは日本ではあまり知られていない数多くの民族舞踊があります。 各地の舞踊を通じてインドネシアの多様な文化の一端をご紹介できます。

福島郡山市